人気ブログランキング |

cloverの山のアトリエ

cloversdesign.exblog.jp
ブログトップ

100%晴れ女





日本全国、激しい雨が降り続いています


ここ最近、毎年の様に大被害をもたらす梅雨時、台風時の豪雨
これも地球温暖化の影響なのでしょうか

雨のほとんど降らなかった南カリフォルニアから
水の国日本に帰ってきてから
私たちと密接に関わってきた雨、天気というものが
非常に気になる様になりました


少しながら農業に関わる様になると


苗を土に植え、成長していく植物
それには、水と太陽は不可欠で
晴れになるたび、雨が降るたび一喜一憂


子供の頃や、いやつい最近まで
晴れた日ばかり願っていたのに



雨降らないと当たり前に植物が大きくならない
逆に降りすぎると
熟れない、美味しくならない


雨が降った後の一回り成長した緑
迫りくる山の緑
雨が降った後の真っ青な青空
流れゆく様々な形の雲

その一方で一瞬にして人々の日常を変えてしまう様な荒ぶる災害
人間にコントロールはできない

自然の神々しさを感じます
天の気


100%晴れ女_a0393536_14061520.jpeg

雨宿りのカエルは哲学的


と、そんなところに、つい最近レンタル屋で借りたDVD

”天気の子”

にどハマりでした


天気って天の気分次第
何か現代に対して天が怒って居るのか?
深読みすれば色々想像できますが
単純に若い主人公たちの一生懸命さにウルッときました







おすすめです




それと、天の神様白竜繋がりで
80年代の映画ネバーエンディングストーリーを思い出しました

ファルコンというふわふわのドラゴンが出てくるのですが
ビスケにそっくりなのです



100%晴れ女_a0393536_15151602.jpeg
風きってるところ








ファルコンの飛んでる表情なんかそっくりだから(笑)



それにしても懐かしい80年代ソングです(涙)



明日、天気になります様に



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ


# by cloverscozylife | 2020-07-04 20:22 | ビスケット | Comments(4)

I miss カリフォルニア




コロナ渦続いています

こちらに帰ってきて、最近言われるのは

よかったねえ、帰国したのが去年で、今年だったら帰れなかったね


そうですね



いわゆる第六感?

いやそんな高尚なモノではなくて
アメリカの場合、不当な差別によるデモは近いうちに絶対に起こると言う
嫌な確信があリました
特に4年前からはそれが現実味を帯びてきました

そうなってがんじがらめになる前に帰国しなきゃって言う
勘が働いたのだと思います
こう考えて帰国した外国人は実は多かったのではないかな



とはいえ、とはいえ
特に梅雨時になるとやはり恋しいのはカリフォルニアの青空

ユーカリプタスの森

紫に曇るジャカランタ並木


この一月にユーカリプタス生産日本1を誇る松山地方のJAで
ポポラス幼苗を100円で買いました

半年たってこの通り

I miss カリフォルニア_a0393536_15230674.jpeg

高さ1mほどに育ちました

I miss カリフォルニア_a0393536_15231241.jpeg
一緒に買ったティーツリーもどんどん育ってます

ふふっ来年は地植えするつもりよ




繁りすぎたのでカットした葉で作ったガーランドスワッグ


I miss カリフォルニア_a0393536_15231794.jpeg

一瞬でドライになりましたが(汗)


そして

すっかりカリフォルニアのメキシコ料理魅了された私には
欠かせないアボガド

日本でも簡単に手に入ります、が、育ててみたくなるのが園芸家(自称)のサガ


I miss カリフォルニア_a0393536_15233922.jpeg
1ヶ月ほど経って

I miss カリフォルニア_a0393536_15235410.jpeg
小さな芽が!



さらに、日本では無理だろうと思っていたジャカランダを
見つけました

ジャカランダの記事はこちら



I miss カリフォルニア_a0393536_14060709.jpeg

まだ、30cmほど

この一年は鉢植えにして、幹が丈夫に慣れば
地植えします







今、ただただ殺風景な庭をカリフォルニアフォレストにする計画

進行中




I miss カリフォルニア_a0393536_14175222.jpeg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

# by cloverscozylife | 2020-07-03 14:20 | アメリカから帰国 | Comments(4)

投稿できる!!



こんにちは!
そして、お久しぶりです


先日の投稿からもはや3ヶ月余り経ってしまいました

世間ではコロナが猛威をふるい、この3ヶ月は世界的にも
目まぐるしい大変化の3ヶ月でした
いまだ続いていますが
皆様はお変わりありませんか?

これからボチボチとお邪魔していこうと思います

書きたいことはいっぱいあったのですが?
PCからログインできないと言う不具合が続いてまして
タブレットや携帯から投稿するのも面倒くさく
ついついブログから離れていました

が、今日、PCでログインしてみるとできるではありませんか!?
(実は出来てたのに、自分が変なことしてたとか?)
なぜ?
あの四苦八苦してた時はなんだったのか?

兎にも角にも


ブログ再開です



さて

この3ヶ月のビスケット

投稿できる!!_a0393536_15393754.jpeg

高齢のビスケット、今はほとんど寝てるか食べてるか
だんだんと動きもスローになってきて
とうとう後ろ足の関節を曲げることができなくなってしまいました

ちょっと弱々しい写真ですが

ひとたび、誰かがキッチンに立つと
突然、目をキラキラさせて起き上がろうとするビスケ
手伝ってやるとちゃんと起きて歩いてきます

下の世話も自分でできます

まだまだ元気なおばあちゃんです




私の方は、5月から仕事に行き始めました

友達が経営しているNPO法人
少し就労が難しい人の福祉支援施設
そこで利用者さんのお手伝いをしています

福祉なんて私にできるかなと不安だったのですが
これが、なんと面白くて、そのことについてはまた後日書いていこうと思います


休日はもっぱら、ガーデニングや家庭菜園に勤しみ


4月は山ふきの収穫、出荷
両親が小遣い稼ぎにうちで育てて1日だけ出荷してるのですが
収穫の手伝い
投稿できる!!_a0393536_15411339.jpeg

まあなんと1日かけて4人で作業しましたとも

コロナで今年は いいお値段つかず、、
丸一日、腰曲げて働いた割にコスパ悪い(涙)
投稿できる!!_a0393536_15584295.jpeg




5月はこれまた、農作業
毎年恒例、家族分のお茶の収穫

大学もバイトも休みになってしまい田舎に帰ってきていた次女も
お手伝い


投稿できる!!_a0393536_15420024.jpeg

2日ほどかけて摘み取った新芽を
大鍋で煎って行きます

薪をくべて煎るんですよ

なぜ薪?
エコじゃんお母さん!すごいわ!

と感心していたら

あんた、こんな量、家庭用のガスでできるわけないがね

あっそう言うことね経費節減(笑)


投稿できる!!_a0393536_16050718.jpeg
いった後は

よく揉み込んで

投稿できる!!_a0393536_15424484.jpeg
天日で干します



1年間分の実家、うち家族、妹家族、兄家族のお茶が出来上がり

小さい頃から変わらないそんな行事、家庭の味
受け継いでいかなくてはならないですね


とこんな感じで、シンプルライフを送っておりました




ボチボチ田舎日記的に投稿頻度上げて行きます
おつきあいくださいませ





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

# by cloverscozylife | 2020-07-01 08:52 | 田舎のくらし | Comments(8)

和紙エッグと大洲和紙


今日はイースターです

日本ではまだまだ馴染みの薄い行事ですが
クリスチャンにとってはキリスト様が復活した大切な行事
欧米ではイースターサンデーと言って、復活を祝って
おめかしして教会へ出かけます


さて、イースターといえば卵
色とりどりに着色した卵
大人たちは卵殻の中にお菓子を入れて、庭に隠し
子供たちがそれを探します

エッグハントは楽しいイベントです

そんな春の風物詩も今回はお預けですが、、


さて、何故卵?なのか
キリスト復活後の墓を空の卵に例えているそうです

春になると欧米ではパステルカラー、卵のデコでいっぱいになりますよ

さて


十数年前から、イースターのデコレーションとして作っている
ジャパニーズエッグ
(レシピはアメリカから)


和紙エッグと大洲和紙_a0393536_11142375.jpeg
今年も作りました
年が明けると、外国人の知り合いから注文が来ます

卵の殻に友禅和紙を貼るのですが
綺麗に貼るのにはいくつかコツが入ります


和紙エッグと大洲和紙_a0393536_15000928.jpeg

まず、中心に先端がピッタリ合うように貼り付ける



和紙エッグと大洲和紙_a0393536_15013157.jpeg


そしてなるべく皺なく殻に密着させること



単純な作業ですが難しい


さて、この和紙友禅、アメリカでは、直接友禅和紙を仕入れてらっしゃる
Washi Acccentsさんより通販で買ったり
アメリカのペパークラフト店
Paper Souce
で購入したり

はて、日本の場合、どこで購入しよう?一度、Amazon.co.jpで購入したら
バチもん和紙で苦虫食わされましたからね

そういえば、大洲和紙って愛媛
にお店兼工場があったような


友禅和紙も売ってるかも?
出かけてきました

大洲和紙会館

松山市から約1時間
一見見逃してしまうような小さく、風景に溶け込む田舎な建物
向かいにはトタンで作られた和紙工場も

和紙エッグと大洲和紙_a0393536_15492737.jpeg

中に入ると、目に飛び込んでくる様々な種類の和紙

紙好きのわたしは心臓ばくばく(笑)

和紙エッグと大洲和紙_a0393536_16460335.jpeg
和紙エッグと大洲和紙_a0393536_20085190.jpeg


アメリカの画材店で見かけた和紙の数々が置いてあるではありませんか!?


半分以上はここで作られたもの

和紙エッグと大洲和紙_a0393536_20093194.jpeg

お目当ての友禅和紙も何百種類と柄があります

原紙ははここで作られ、プリントは京都

私がアメリカで手にとっていた和紙、実は故郷で作られていたんですね
灯台もと暗しとはこの事、感無量(泣)




和紙エッグと大洲和紙_a0393536_20100320.jpeg
隣を流れる小田川の清水によって作られる手漉き和紙
大洲藩の藩内産業として繁栄を極めた和紙作り

主に、家々の障子紙、書道半紙生産は質量ともに日本一
明治末期には約400名もの業者を数えたのが
今では2名のみ

それでも、日本一には変わりなく、
今日でも高級書道半紙、有名寺院の障子紙など
日本生産質量共にNO1であります


向かいにある和紙工場は見学可能
予約をすれば、手すき和紙体験もできます


外国人に絶対受けます!
特にアーティスト系の方歓喜されるでしょう


外国の方を四国で接待する折は、
手漉き和紙体験マストですよ


大洲和紙会館




それでね、和紙エッグを作る際のコツですね
どうしたらピタッと張り付くのか?

和紙会館のおばさんが
むかしはね、和風の家ばかりだったでしょう
どの家にも障子があって、紙の需要があったんですよ

そうか!障子!
小さい頃は障子の張り替えをしましたね


張り替えの前には、すきに障子破っていいよと言われて
歓喜してここぞとばかりぶち破りました

フレームだけになった障子戸に洗濯糊を塗って
障子紙を貼って霧吹き!

これだ!

湿らせて乾いたらピンと貼れてるんです!

そうです、コツはデンプンノリを使うことと、霧吹きで湿らせてから貼ること!


やっと、繋がった
(作家さんは知ってたと思いますが汗)

些細なことなのですが
こんな田舎を知るたび、誇らしげになりつつ
後世に残したいものについて深く思うのでした


和紙エッグと大洲和紙_a0393536_16574659.jpeg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

タグ:
# by cloverscozylife | 2020-04-12 17:09 | クラフト | Comments(4)

春のセンターピース







だんだんと日差しが春になってきました
スギ花粉が終わったとおもったら、黄砂アレルギー始まりました(泣)

今年は、多いですよね!?
この粒子の小さい砂、気管まで入ってくるので、軽い喘息のようになります

コロナのこともあって一瞬
感染か!?とドキドキします

まだまだ、愛媛県は罹患者が30〜40人程度ですが、それだけに
感染者になると、個人の特定ができやすい
近隣の町で感染した方は、世間の中傷に耐えきれず、職場もやめ
引っ越してしまったとか
田舎あるある

ウィルスより、人の方が怖いですね

それにしても、緊急事態宣言が発令されている
主要都市

娘二人が東京に住んでいるので、若いとはいえ心配

彼女らの生活費を捻出していたバイトもーことごとく
休業


大学の寮からは脅迫のような(汗)メール
寮閉鎖はされていませんんが、

一人でも感染者が出れば、即閉鎖
その際、保護者が迎えに行かなければならない
保護者を3人明記しろなどと、、

学校側も責任取りたくないんでしょうね
でも寮にいるのは、留学生だったり、両親が海外っていう生徒が多い
途方に迷うでしょう

こんなメールが来たのも、緊急事態宣言直前
もう準備もできにくい

都会より田舎に避難
自分のことしか考えてないとか?非難されがちですが

やむを得ない事情もあると思います
2週間きちんと、自宅隔離を徹底すれば
良しとしていただきたいです



さて、コロナ台風は吹き荒れてますが、春は春
道の駅には春の花が並んでいます


いくつか買って、センターピース

庭に咲いてる花も一緒に


春のセンターピース_a0393536_16094644.jpeg

なかなかフラワーベースが手に入らなくて

アンティークの有田焼の器に



かなり、豪華になってしまい
今度は木製の箱ベースにフォームをセットして
ガーデンスタイル


春のセンターピース_a0393536_16122749.jpeg



春のセンターピース_a0393536_16130302.jpeg

ほら、サクラも入ってますよ

経済が滞っても春


野の花を摘んでテーブルに飾ってみませんか



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

# by cloverscozylife | 2020-04-11 10:42 | フラワーアレンジメント | Comments(0)